English

2007年の開花状況

戻る Home Pageへ


画像をクリックすると768×567ピクセルの画像がご覧になれます。(約120kB)

12月2日 もう12月になりました。そろそろ庭の改造にかかっていますが、まだ咲いている花があります。
左)西側庭の状況です。大分減りましたが、まだ、つぼみもあり、ぼつりぼつりと咲いています。ゴールドバニーとブラッシングノックアウトが目立ちます。

右)ゴールドバニーは良い色が出ています。
左)ダブルデライトです。黄色が濃く出ています。この花はダブルポイントになっています。10月のばら展の頃はダブルポイントではありませんでした。

右)手前からブラッシングノックアウト、黄色から赤に色変わりするレインボーズエンド、濃い赤になったスタンダードのオーバーザレインボーです。
左)庭の南(左側)では、ピンクのボニカ82、クイーンエリザベス、紫のマダムビオレ、スタンダード作りのマジックワンド(赤)などが咲いています。手前右の濃い赤紫はイントリーグです。

右)南西の角ではヘリテージが二三輪咲いています。手前の赤はオーバーザレインボーです。
フェンスの残り少ないつるです。

はアンジェラです。春に比べると色が濃く、花持ちが良いです。

は羽衣です。非常にきれいなピンクで、花形も良いところが撮れました。

晩秋の花はいずれも色が濃く、きれいです。

10月29日 まだまだつぼみはありますが、開花までの時間がかかるようになりました。
東の庭でも良く咲いていますが、ザマッカートニーローズはまだつぼみが堅く、咲いてくれずに終わってしまうかもしれません。

10月23日 ばら展の後の庭の風景です。
剪定がすこし遅かったようで、出品出来る花が少ない結果となりました。

今年の夏は暑かったので9月2日に剪定しましたが、8月31日頃で良かったようです。
西側の庭からはローラとダブルデライトをコンテストに出品しました。

10月12日 庭(西から東を見る)
来週末は小山ばら会ばら展です。

剪定した木に花が咲き始めました。黄色はゴールドバニーや薄いピンクはプリンセスドモナコです。他の木にもつぼみに色が見え始めたものもあります。
左上のキンモクセイの香りは減りましたが、オレンジの小さい花が満開でびっしり付いています。
庭(東から西を見る)
東端のフロリ、HTコーナー
東端のフロリ、HTコーナーでは、手前の赤いガルテンツァウバーが咲いています。奧の高く縛ってあるシュートはつるですが、その手前の高い木はショウナニアンローズです。

ばら展にはどの花が出せるでしょうか。

10月5日 北と東のフェンス
庭(東から西を見る)
フェンスではつるばらのシュートが又伸びてぼうぼうになりました。ピンクの羽衣が二輪咲いています。

庭の中ではミニやイングリッシュが咲いています。
庭(西から東を見る)
9月2日に剪定したばらにつぼみがついています。10月20, 21日のばら展に咲かせるのが目標でしたが、9月に入ってからの暑さで少し早いかもしれません。

9月2日
秋の剪定
剪定の北と東のフェンス
剪定の北と東のフェンス
フェンスのシュートの無駄枝を少し剪定したり、束ねたりしました。
北側のキンモクセイの茂みから羽衣とアンジェラのシュートが顔を出しています。茂みの中は花が咲かずに伸びるだけですので、長いシュートができます。長いシュートは冬の誘引に便利です。
剪定の庭(東から西を見る)
剪定の庭(東から西を見る)
庭でパラパラと咲いていた枝を剪定しました。花は無くなりましたが、すっきりとしました。

10月中旬の小山ばら会のばら展頃の開花をねらっています。
剪定の庭(西から東を見る)
剪定してずいぶんすっきりしたのがおわかりになると思います。剪定前に咲いていたのは、ローラ、ゴールドバニー、フレンチレース、ニコル、ラ・マルセイエーズ等です。ミニのスタンダードは剪定せず、残っています。
剪定の庭(西から東を見る)

6月19日 北側と東側のフェンス 黄色いバラ フリージア
北のつるも終わりましたので風通しのために咲いた枝を切り取りました。東側ではつるロココの二番花が咲いています。


右は黄色いフリージアの二番花です。
庭を西から東を見る

庭の中はずいぶん寂しくなりました。これから二番花が咲きますが、あの5月下旬ほど一斉には咲いてくれません。

6月10日

北のフェンスと西側
新シュートが出たアンクルウォルター
北側のフェンスのアンジェラとニュードーンはここ数日の強いにわか雨でほとんど散っていまいました。新しいシュートも出始めているので枝の整理が必要です。

右は咲いた後の枝を整理した後、出てきた東側のアンクルウォルター(赤)のシュートです。お礼肥として6月5日に化成肥料を与えました。


庭の花もここ数日の雨で花がだいぶん散り、寂しくなりました。二番花の蕾をつけたものもあります。


「水や肥料をやりすぎるから、雨で倒れる根性のない木になるんだ。」と6月8日に京成バラ園で教えられました。我が家もその傾向大です。
庭を西から東を見る

6月5日

東と北のフェンス
南西のつるとイングリッシュ
北側のフェンスのアンジェラとニュードーンは、もう蕾はほとんどありません。あと数日でおしまいです。


右は西南の角にあるグラハムトーマス(黄)、バレリーナ(赤と白)、紫のつるです。だいぶ蕾も減りました。グラハムトーマスとバレリーナは四季咲きなので、まだこれからも咲くはずです。


庭の花は、写真ではきれいですが、脇芽も咲き、花は開いてしまっているものが多くなりました。二番花を期待しています。
庭を西から東を見る
玄関脇の西のばら(昼)
玄関脇の西のばら(夕刻)
門灯や庭園灯に照らされたばらの写真を撮ってみました。
ボニカ82の周辺(昼)
ボニカ82の周辺(夜)
ボニカ82の西側(昼)
ボニカ82の西側(夕刻)

6月2日

東のフェンス
北のフェンス
東側のフェンスの咲き終わったシュートの先端部分を切りました。


北側のフェンスはアンジェラとニュードーンが咲き続けています。ニュードーンは完全に開花していて、散り始めています。
庭を西から東を見る
庭の中では色々の花が咲き続けています。

右端には紫のつる、黄色いグラハムトーマスが見えます。
北側のニュードーンと西側のばら
西隣の駐車場から見る
西隣の駐車場との間のフェンス越しに、道路から庭がよく見えます。
庭の中央から東を見る
ボニカ82から南西側
東側のつるを切ったので、外から庭が見えるようになりました。

中央ではボニカ82(ピンク)が満開です。まだつぼみもたくさんあるのでしばらくは楽しめそうです。

5月29日

東のフェンス
北のフェンス
東側のフェンスはほぼ終わりです。まだアーチのスカーレットQEやアンクルウォルターはポツポツと咲き続けます。

北側のフェンスは満開です。主にアンジェラとニュードーンです。


庭の中も満開です。


南西の角のイングリッシュ二本はヘリテージ(薄いピンク)、グラハムトーマス(黄色)ですが、紫のつるは品種名が不明です。
庭を西から東を見る
北側のニュードーン
南西の角のイングリッシュと紫のつる
庭を西から東を見る
西側のばら

5月26日
東側のフェンス
北側のフェンス
25日から小山ばら会20周年記念ばら展が始まりました。


東側のフェンスは盛りを過ぎました。昨日の雨でずいぶん減りました。

北側は花びらが道路に落ちていますが、盛りです。奧のニュードーンが咲いています。


庭の中がずいぶん華やかになりました。写真では美しいのですが、ばら展へ出品するとなると良い花を探すのには苦労します。


二階から眺めると、冬の庭の改造で痛んだ芝生が目立ちます。


北側のニュードーンは、これからまだ開花が続きます。
庭を西から東を見る
東側の二階から南を見る
東側の二階から西を見る
西側の屋根から東を見る
西側の屋根から西を見る
北側フェンスのニュードーン
西側のばら

5月23日 東側フェンス
北側フェンス
東側のフェンスの盛りが過ぎ、北側に移ってきました。

北側ではピンクのアンジェラ、羽衣が満開で、ニュードーン(薄いピンク)が咲き始めました。


つるのクローズアップでは、オレンジのサハラが盛りを過ぎ、濃いピンクのアンジェラとピンクの羽衣が咲いています。白のドルショキもまだ脇芽が咲いています。


南西の角にあるヘリテージ(薄いピンク)、グラハムトーマス(黄色)が咲き始めました。我が家にある数少ないイングリッシュローズです。
つるのクローズアップ
西南角のばら

5月21日 東のフェンス
北のフェンス
東側のフェンスはまだ盛りですが、開花は北側のフェンスに移動してきました。

北側のアンジェラが盛りです。
庭を西から見る
庭の中も19日から二日間でずいぶん華やかになって来ました。
つるのクローズアップ
更にクローズアップ 北東の角のツルのクローズアップはピンク、白、オレンジのハーモニーになりました。

5月19日 東のフェンス
北のフェンス
東側のフェンスは満開です。黄色のミセスデュポンは脇芽が咲いています。白のドルショキ、ピンクの羽衣、ピンクの小花アンジェラが満開です。


北側のフェンスでもアンジェラと羽衣が咲いています。数輪咲いているオレンジの花はサハラです。最後に咲くニュードーンも一輪だけ咲き始めました。


庭の中もにぎやかになってきました。


つるのクローズアップではオレンジのサハラが見えます。


今日は曇りのち雨です。午後からのBBQが心配です。
西側の庭
庭を西から見る
庭を東から見る
つるのクローズアップ

5月15日 東のフェンス 北のフェンス
東側のフェンスはほぼ満開ですが、更に白のドルショキ、ピンクの羽衣、アンジェラの開花が増えてきます。

北側のフェンスでもアンジェラがぼつぼつ咲き始めました。

つるのクローズアップでは今までのミセスデュポン(黄)、薄いピンクの羽衣、白のドルショキに加えて濃いめのピンクのアンジェラも加わりました。

アーチではロココ(クリーム色+薄いピンク)と、エデンローズ(ピンク)が満開です。東側の木バラも開花が増えています。
背の高い白い枝垂れは野バラです。野バラの台木に接いであった群星のウィーピングが風で飛ばされてしましました。

東側のツルバラはほぼ満開ですが、庭の中はこれからです。
庭を西から東を見る つるのクローズアップ
アーチ
東側の木ばら

5月12日 東のフェンス
北のフェンス
東側のフェンスではどんどん開花が進んでいます。
黄色のミセスデュポン、アーチのスカーレットクィーンエリザベス(朱)、アンクルウォルター(赤)。
ピンクの羽衣やエデンローズ、やクリーム色のロココも開花が始まりました。

北側のフェンスはまだですが、アンジェラの蕾に色が見えてきました。

つるのクローズアップアーチでは黄色のミセスデュポン、白のドルショキ、ピンクの羽衣が見えます。

アーチでは一昨年植えたクリーム色のロココが開花し始めました。その下のピンクは一度死んだエデンローズの再生です。

庭の中でも開花が始まっています。
庭を西から東を見る
ツルのクローズアップ
アーチ
東側の木バラ

5月8日 東のフェンス
北のフェンス
東のフェンスに花がつき始めました。すでにマダムデュポン(黄)とスカーレットクィーンエリザベス(朱)の開花がぼちぼち始まりました。他の花芽もそろそろ色が見え始めました。

庭の中でも木バラで一輪、二輪と花が咲きはじめたももあります。
庭を西から東を見る
つるのクローズアップ
マダムデュポン(黄)と
スカーレットクィーンエリザベス(朱)

西側の庭

5月4日 東のフェンス
北のフェンス
今年の冬は暖冬でした。そのおかげで花芽のつきと育ちが早く、例年よりずいぶん早く開花しそうです。

東側のフェンスのミセスデュポン(黄色)の花が一輪開花しました。さらにもう一つ蕾が開花寸前です。
(東のフェンスとクローズアップの矢印をご覧ください)

更にピンクのミニ鉢が開花しました。

昨年の写真からみると、5月9日より進み、、5月15日より少し前の状態で、10日ほど早いように見えます。
庭を西から東を見る
つるのクローズアップ
ミニが咲きました

1月7日 東のフェンス 北のフェンス
剪定とつるばらの誘引を終えました。

これからどのように繁り、咲いてゆくかをご覧ください。

東北の角の「つるのクローズアップ位置」は黄、白、ピンク二種、オレンジの5種類のシュートが重なっています。
庭を西から東を見る
つるのクローズアップ位置
西側のばら
東側アーチ




戻る Home Pageへ